ログ02b

日記。

歴史のメモ帳

西暦1550年は織田信長がいた頃でした・・・。
西暦1467年から1470年にかけて「応仁の乱」が起こる。京都での内乱から足利将軍家の菅領(かんれい)の領地問題をめぐり日本は内戦に突入しました・・・。
応仁の乱ののち、日本の時代は戦国時代へと変わります。

1500年代にかけて、日本人には西ヨーロッパの文化を取り入れる動きがありました。キリスト教や南蛮文化です。たとえば、織田信長は地球が丸い、ということをキリスト教の西洋人の宣教師の対談で知った。とされています。(ユーニ)