Torisia's diary

放送大学生の日記。自然と科学。

潮汐破壊現象。 #天文学

強い重力を発揮する天体に別の天体が近づき、潮汐力によって破壊されること。破壊されずに接近出来る限界は天体の大きさで決まり「ロッシュ限界」と呼ばれる。この現象は19世紀のフランスの天体力学者ロシュが理論づけた。(日経サイエンス08月号)

生きがいと認知症(認知的予備力)

脳は日々ストレスを受けるものだ・・・

一方で脳は認知症に対抗する手段をもつ。学習などによる脳細胞の成長、睡眠などの「認知的予備力」だ。
教育そのものが認知症への抵抗力をもつ。これは脳のネットワークが発達しているためだ。
また、他に性格尺度の六分類のうち誠実性-概ね目標達成と関わる-も認知症を大きく予防する。
さらに生きがいやソーシャルネットワーク(人間関係の大きさ)の形成は「認知的予備力」を与えるだろう。
日経サイエンス08月号より。

次世代ガンマ線天文台開発!

日経サイエンス08月号より。
次世代ガンマ線天文台が開発されているらしい。
国際的な研究組織によるもので日本の出資額は20%。
2023年ごろに全体の施設が完成するらしい。

家畜化キツネは笑う?

f:id:torisia001:20170724042121j:plain

L・トルート博士(ロシア)からのご報告です。

キツネを家畜化させる実験の結果、キツネの鳴き声に変化が。

音響な強弱の変化が人間の笑い声に非常によく似ていたらしい。おそらく笑いは、動物がコミュニケーションをとるための最良の方法かと思われます。(日経サイエンス08月号より)

米国の砕氷船が増強されるらしい。

日経サイエンス8月号より。

米国の沿岸警備隊砕氷船で増強の動きがあるようだ。
理由は米国の沿岸警備隊には2隻しか砕氷船がないという「驚くべき事情」。
たとえばロシアは40隻もの砕氷船をもつ。
また地球温暖化とともに砕氷船の活動範囲が広がっているらしい。

汎用練習機”白菊”

f:id:torisia001:20170724013914j:plain

白菊は時速200kmほどのプロペラ単葉の練習機で使い勝手がよく、連絡や軽輸送、人員輸送などに用いられた。

オブジェクト指向の掃除

今日は家族と掃除。

オブジェクト指向
つまり掃除ドメインを聞き出す。家族から。

この掃除ドメインに対して随伴するこちらは保有する消臭スプレーなどを投入した・・・

070718f